【新機能】支援者結合機能のリニューアル

公開日
2021/3/17
*この機能のリニューアルは2021年3月17日を予定しています
重複する支援者の結合機能をリニューアルします。これまでの結合機能には仕様上の問題がありましたが、今回の改修で不具合の修正も完了し、より簡単で正確に結合作業ができるようになりました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

旧結合機能をご利用の団体様へのお願い

今回の改修と合わせてこれまでの結合機能が廃止されます。その際に、旧機能で結合された支援者の結合が解除されます。管理者の皆様にはお手数をおかけいたしますが、再度新機能での結合作業を行ってください。
これは、これまでの旧機能によって結合された支援者の決済データに不具合が残る可能性があり、正確な情報に修正するためです。ご利用の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これまで

これまでコングラントの支援者結合は、寄付管理の「支援者未確定寄付」から「新規」か「既存」を選択し、既存を選択した場合には支援者を検索して選び結合する仕様になっていました。しかし、この仕様には以下の問題点がありました。
  • 仕様がわかりづらく操作が困難
  • 結合先の支援者を検索して探す必要があり手間がかかる
  • 都度決済・継続決済の支援者を結合した場合、寄付・会費レコードの決済種別が変更される
そのため、これまでコングラントでは結合機能の利用を制限させていただいていました。

改善後

重複支援者リストから、メールアドレスが重複する支援者の候補一覧を簡単に確認でき、結合できるようになりました。また、メールアドレスが別の支援者でも支援者IDを指定して自由に結合を行うことができます。
今回の改修で結合時のデータベースの仕様を一新したため、これまでに発生していた決済種別の不具合が解消されました。