継続決済の解約・金額変更を支援者が直接申し込めるようになりました

公開日
2022/7/26
2022年7月26日に「継続決済の解約・金額変更フォーム」の機能をリリースしました。
これまでの解約・金額変更に必要だった手間を大きく削減し、支援者がフォームから解約・金額変更を申し込めるようになります。継続決済を募集している団体の皆さまは必ずご一読ください。

継続決済の解約フローの変更

これまで、継続決済の解約を行う際には、上の図左の通り、
---------------------
①支援者から団体に連絡
②団体からコングラントに連絡 →コングラントで解約処理
③コングラントから団体に完了連絡
④団体から支援者に完了連絡
---------------------
という手順を踏む必要があり、支援者・団体ともにコミュニケーションに労力・時間がかかってしまっていました。継続決済の解約に手間がかかってしまうと、寄付者にマイナスなイメージを与える可能性が高くなります。
 
今回のアップデートでは寄付者が簡単に継続決済の停止を申し込める「解約フォーム」を用意しました。アップデート後は、支援者によるフォーム送信のみで解約完了となります。団体側には自動送信メールで解約の通知が届きます。
 
解約フォームは決済完了メールに記載され、支援者は決済関連メールからアクセスできるようになります。また、団体が寄付・会員管理の詳細画面から支援者に発行することも可能です。
 
<管理画面からの発行手順>
①寄付・会費管理一覧の「編集」をクリック
②詳細画面上部の「解約フォーム」にカーソルを合わせて選択
 

■留意事項

  • 解約フォームは全ての継続寄付者・会員のメール内に記載されます。非表示にすることはできませんのでご了承ください。
  • 解約申込後は自動で処理されます。申込後のキャンセルはできません。
  • これまで、決済関連メールで支援者に案内していた解約期限は「決済が行われる前月末」でしたが、このアップデート以降は解約期限の記載は削除いたします。実際には次の決済が行われる直前まで解約申込を受け付けられるようになります。
  • 引き続き、継続決済完了後の「返金」に関してはお受けできませんのでご了承ください。
 

金額変更フローの変更

これまで、継続決済の金額変更を行うには、今の継続決済を一度解約いただいて、解約後に再度新しい金額で申し込みをしていただくというフローが必要でした。
このフローでは、「変更手順が複雑でコミュニケーションに時間と労力がかかる」、「解約リスクが高まる」、「継続決済の金額アップの機会を失う可能性がある」などの問題がありました。
 
そうした問題を解決するため、今回のアップデートで「金額変更フォーム」を用意しました。
金額変更フォームは団体側で管理画面から発行できます。
 
今後は支援者が金額変更を希望したら、フォームを発行し、支援者が希望金額を入力して申し込むだけで、翌月の継続決済分から新しい金額が反映されます。
 
<発行手順>
①寄付管理一覧の「編集」をクリック
②詳細画面上部の「金額変更フォーム」にカーソルを合わせて選択

■留意事項

  • 金額変更フォームを利用できるのは「継続寄付」のみです。会費の継続決済の場合はこれまで通り、一度解約いただいて新規で申込いただく必要があります。
  • 金額変更フォームの金額入力フォーマットは自由入力形式となります。金額の選択肢の設定、下限金額の指定はできません。
  • 変更が反映されるのは金額のみです。寄付種別(金額名称)は更新されません。
  • 金額の変更の受付は月末締めで翌月15日の決済分から反映されます。反映月の指定はできません。
  • 変更依頼後、同じ月での再変更はお受けできません。翌月以降に再度変更をお申し込みいただく必要があります