Googleアナリティクスの設定方法

コングラントのファンドレイジングページをより活用するために、Googleアナリティクスとコングラントを連携させましょう。
Googleアナリティクスとは、Google社が提供するWEBサイトのアクセス解析サービスです。基本無料で利用できます。
Googleアナリティクスを設定すれば
  • 毎日どれくらいの人たちがファンドレイジングページを見ているのか
  • 一番多い流入経路(Google検索やSNS、団体のホームページ等)はどこか
  • コンバージョン(寄付達成)率は何%か
といった情報をGoogleアナリティクスの画面上で確認できるようになり、ページ内容や広報戦略の改善がしやすくなります。
ここでは、Googleアナリティクスとコングラントの連携方法を解説します。※Googleアナリティクスの使い方等はコングラントのサポート対象外となります。公式のヘルプをご確認ください。
コングラントで設定できるのは、従来の「ユニバーサルアナリティクスプロパティ」のみです。現時点(2020年2月18日)では「GA4」には対応していません。

Googleアナリティクスの設定

まずはGoogleアナリティクスの設定から行います。ここでは、アカウントの作成は完了しているものとし、プロパティの作成から説明します。(アナリティクスアカウントの作成がまだの方は、こちらからアカウントを作成してください。)

1. プロパティの作成

コングラントのページ専用のプロパティを作成しましょう。
  1. プロパティ名:任意の名前を設定してください
  1. レポートのタイムゾーン:日本を選択してください
  1. 通貨:日本円を選択してください
  1. 「詳細オプションを表示」をクリックし、「ユニバーサルアナリティクスプロパティ」の作成をオンにしてください
  1. ウェブサイトのURL:「https://」を選択し、左側の入力欄には「congrant.com」と入力してください
  1. 「ユニバーサルアナリティクスプロパティのみを作成する」を選択してください
入力が完了したら「次へ」を押してください。その後の画面で、業種情報等を入力して作成を完了してください。

2. 参照元除外設定

クレジットカード決済を行う場合、コングラントのページ→決済代行会社のページ→コングラントのページのように、外部サイトを経由して決済完了に至ります。その際にセッションを「離脱」としてカウントさせないために、参照元除外設定を行い、決済代行会社のページを参照元として除外します。参照元除外設定は、コングラントのデータを正しく計測するために必要な手順ですので、必ず設定してください。
Googleアナリティクスの左下にある歯車のアイコンをクリックすると、管理画面が開きます。コングラント用に作成したプロパティの、「トラッキング情報>参照元除外リスト」を選択してください。
「参照元の除外を追加」ボタンをクリックしてください。
ドメインに「secure.telecomcredit.co.jp」と入力し、作成ボタンをクリックしてください。
以上で、参照元の除外設定は完了です。これで、クレジット決済の時に決済代行会社のページを経由してコングラントの完了ページに戻ってきたセッションが1つのセッションとしてカウントされるようになります。

3. コンバージョン設定

最後に、目標(コンバージョン)の設定を行います。
さきほどと同じく管理画面を開き、次はビューの列にある「目標」を選択します。
開いたら、「新しい目標」ボタンをクリックし、以下のように目標の設定を行ってください。
  • ------------------------
(1)目標設定・カスタム
(2)目標の説明・名前 :任意(寄付完了のような名前を設定してください)・タイプ:到達ページ
(3)目標の詳細・到達ページ:先頭が一致 /credit/complete・目標到達プロセス: - ファンドレイジングページ /project - 決済前画面 /credit/form※目標到達プロセスは任意にしてください-------------------------
以上でコンバージョンの設定は完了です。

コングラント側の設定

Googleアナリティクス側の設定が完了したら、最後にコングラントと連携を行いましょう。Googleアナリティクスの管理画面内で、「トラッキング情報>トラッキングコード」を開いてください。すると、トラッキングIDというUA-から始まるコードがあるので、それをコピーしてください。
最後に、コングラントの基本情報>寄付会費設定>Googleアナリティクスで、「設定する」を選択して表示される入力欄に、さきほどコピーしたトラッキングIDを入力して編集を保存していただければ完了です。
以上でコングラントとGoogleアナリティクスの連携は完了です。少し複雑な設定が必要になりますが、一度設定できればアクセス数やコンバージョン率、サイトの滞在時間などさまざまな分析が可能になります。是非チャレンジしてみてください。